プロフィール

うわんとぎずも

Author:うわんとぎずも
高橋さやかと飼い猫(うわん、ぎずも)の徒然猫日記


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさ長編の夢を見ました。

が、なかなかにリアルで
なかなかに怖い夢だったので
テンションがた落ちです。

長々書くと内容的に不快になること間違いなしだったので、
端的に書くと、
自分の野心とか、保身が動機で結構な人数を殺してしまって、
(その割には猟奇的だったから、殺人自体が目的だったのか?
ヤバイ、ますます怖い。)
逃げ切れると思ったのに、やっぱりダメだった…
という夢です。

設定とか状況とかは、割と突飛で、
今思うと全然リアルじゃないんだけど、
何がリアルって、私の感情の動きで、
バレなきゃ大丈夫って実行に移したり、
捜査が始まってドキドキしながらも、絶対大丈夫って妙に自信があったり、
たった1つの嘘がバレたら途端に自信が無くなって、自分の犯行じゃないと思い込もうとしたり、
でもそれも無理で、周りからもどんどん疑われていって…って、
追い詰められてく感が、ハンパなかった。

結果、知人1人に電話して、打ち明けて、
家族には会って話して、土下座して謝って、
出頭しようとその場を出たら、パトカーが停まっていて、
そこに乗り込んで、
これは極刑間違いなしだ、
私に迫り来る死への覚悟が出来るだろうか、
と思ったところで目が覚めました。

目覚めて思ったのは、
良かった、殺してなかった
でした。

もともと夢は、夢だなぁと思いながら見ることが多いので、
ほんと現実として認識しながら見るのはひさびさで、
ひさびさな割にヘビーだった。
挙げ句、人を殺してしまう夢もひさびさだったのでダメージが…。

うたた寝したら、怖くて嫌な夢をすげー長編で見て、
目が覚めたら誕生日になっていました。

そんな37歳のはじまりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。