プロフィール

うわんとぎずも

Author:うわんとぎずも
高橋さやかと飼い猫(うわん、ぎずも)の徒然猫日記


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1380円也

20081130105914
そして、昨日、カゴをつけました。

カゴ選べますって言われたんだけど、見てたらよくわかんなくなったので、普通のでいいです、って言いました。

言うなれば、

高橋さやか標準装備通常移動用No.3改です。

ってか、カゴ、でかっ!!

でかすぎて、ちょっと不恰好だし…。

でも、まあ、大は小を兼ねるって言うし、よしとしよう。
スポンサーサイト
20081129190655
一体、マイ自転車に何があったのでしょうか?

車にひかれたのか?
でも、カゴ以外は無事だし…。

電信柱につっこんだ?
いや、鍵はかかってたのよ。

ってかやっぱ、座布団の謎が残ります。

バイト先のお姉さまは言いました。

カゴを潰したお詫びに、座布団を置いて言ったんじゃない?

あたしも最初そう思ったよ、てるみ姉さん。でも、ちっともお詫びになってないなり。むしろ、気持ち悪っ。

健太郎は言いました。

酔っぱらいが、自分の自転車と間違えて、座布団を巻き、サドルをあげ、カギを開けようとしたら開かなくて、腹いせにカゴを潰したんじゃない?

う~ん。全ての状況を説明している。推理でそんな、ちょっとしたストーリー風になってるじゃん。健太郎…。
あたしもそうかもしれないと思う。

でも、やっぱ釈然としない(サドルに座布団を巻いてる人っていちいち停める時、外すんだろうか?)。

何より、どこをどうしたらカゴがあんな風に潰れるんだろうか?

けんちゃんは言いました。

蹴りかな?

あっくんは言いました。

蹴ったくらいじゃこうはならない。

マスターは、

こうかな?

と、自転車を投げるマイムをしました。

いやいやいや。そんな労力を使ってまで、カゴを潰したいって、なんでだよ。

一体、マイチャリがどんな悪いコトをしたって言うんだ。

ああ。

誰か正解を教えてくれ。

一体何が?

20081129184848
水曜日の25時のコトでした。

バイトからあがって、マイチャリを探したら、見つからない。

停めたはずのトコにない。

Where is my 自転車?

バイト先やらアパートやらのステッカーが貼られているので、それを目印に探すこと数分。

捜し当てたマイチャリは、ちゃんと停めたはずのトコにいて、しかし変わり果てた姿に…。

めちゃめちゃに潰れた前カゴ(写真参照)。

サドルに丁寧に結ばれた見知らぬ座布団。

気付かねぇよ、そりゃ。

恐る恐るカギを…。

開いた。

やっぱあたしのじゃん。

恐る恐る座布団を外してみた。

やっぱマイチャリだ。

乗ってみた。

サドルがあがってる…。

Why?

とりあえず、座布団を捨て乗って帰ってきた。けど、なんだか釈然としない。

そりゃあね。

飲み屋街だもん。酔っ払ったら、見知らぬ人の自転車のカゴを潰す人もいなくはないでしょうよ。世の中、不景気だしね(?)

やっぱさ。

一番、気味悪いのは、座布団の謎である。
食べなければ…。

でもねぇ。なんだかねぇ。

食事ってのは大事なワケですよ。動物はたべなきゃ。生きていけないわけです。当たり前だけど…。

でも、あたしは、食は後回しな人なのです。ましてやお家で腐ってる昨今。めんどくさいなんて理由で食べないなんて、一食抜いたぐらいじゃ死なないし…なんて、ダメだぞ、あたし。

そんな不規則で不摂生な暮らしを送ってると、ふしだらって言われて、某麻生総理に怒られるぞ(時事ネタ…(笑))。

じゃなくてぇ、ブログ更新より先に、食べろよ、あたし。

でもねぇ。なんだかねぇ。

と、ループだ。

ArK

健太郎客演のSHAFT第8回公演『ArK』を観てきました。

見事な世界観で、大道具とか、音響とか、照明とかも丁寧で好感が持てたのですが、どうも納得いかないのです。

役者さんもうまい人が揃っていて、近未来な設定もかなり好みだったのですが…。

で、考えました。私はなにが納得いかないんだろ?って。

その結果、どうも細かいところらしい、ということが分かりました。ので、説明は控えますが、簡単に言ってしまえば、ストーリーかな。

でも、帰りに一緒に観たえりりんとも話したのですが、自分だったらあの世界観で、どういう物語を紡ぐだろうって考えると、かなりワクワクします。つまり、それだけ、独特な世界観があって、きちんと表現されていたということだと思います。観せたいものを観せられるって凄いなぁ。

おっと、感心してる場合じゃないか?

とにかく、健太郎、お疲れさま。

おやばか

20081124211316
だから余計可愛く感じるわけです。

って、つまりは親バカ連発ってコト…。

メロメロ

20081124211205
ベッドの縁によっかかって横になっている私のお腹の上で、くつろいでるワケです。今までそんなことしてくれなかったのですよ。

これも昨日

20081124210940
少しだけ、臆病ではなくなったうわんは、最近、私の体の上でも寝るようになりました。

ベッド

20081124210843
最近、うわんとぎずもが、ふたりして気に入っている場所。ベッドの足元に、この時期使っていない布団類を置いているので、きっと他よりふかふかで気持ちいいんでしょうね。

これは、昨日の写真。昨日はうわんが勝ち取ったようです。

まんまる

20081124205850
ぎずもは目がまんまるになると、可愛いです。

普段はあくどい顔をしています。

蜂蜜

そういえば、蜂蜜は効きました!

翌日からもう今までとは感じでした。3日後には完治!素晴らしい!

ヘルペスは結構、一週間とかある時もあるので、超うれしい!

こんなに早く治るなら、例え、勘違いでもいいなぁ。

というわけで、ヘルペスでお悩みの方、お試しあれ!

深夜作業

20081121054620
深夜、すっかり人通りの無くなった吉祥寺の駅前です。

バイト終わりのあたしは、ホムカミの折り込みチラシ作業のため、自転車を走らせ、三鷹の宗の家へ。

寒かったぁ。
死ぬかと思った(ほんとは思ってないけど…)。

吉祥寺の街はあちらこちらにツリーがあったり、イルミネーションがあったり、あぁ、年末だなぁ。なんて思ったけど、そんな悠長なこと言ってられないくらい。

寒い。

で、無事到着。

作業の山に、宗とふたり、終わりの見えない戦いを…。3時間ちょっと。

で、帰り道。

もう朝方なので、ほんとに寒い。やばい。死ぬかと思った(今度はマジでちょっと思った)。しかも、昼間の久々の仕込み作業で、筋肉痛が出始めるし…(どんだけ運動不足だ、あたし)。それはともかく…。

寒い。

で、ようやく帰宅。これから寝て、昼過ぎ折り込みに、行きます(本チラシは間に合わなかったので、さやかが初めてパソコンで作りました。白黒だけど…。健太郎の客演公演を観られる方は、見てやってください)。

とにかくあたしが言いたいのは!

寒いのは嫌いです!悲しくて切なくなるから…(って、それかよ)。

20081120172423
もうすっかり冬な、夕暮れの町を歩いていると、なんだか落ち着きます。

ただただ、移ろうままに、思いをめぐらせます。

そろそろ新しいスニーカーが欲しいな(次は白系希望)。

とか

整骨院にも久々に行かないとな(8月頭以来行ってない)。

とか

いや、それより美容院でしょ(これも8月頭以来…)。

とか

ちょっと喉痛いから、帰ったらうがいだな(風邪注意!)。

とか

マスター、足、大丈夫かな?(昨日、骨折…。)

とか

そういえばあの人は大丈夫かな(やっぱりみんな元気でいて欲しい)。

とか…。

普段、自転車ばかりで歩くことは珍しいけど、こうやって色々考えながら歩いていると、慌ただしい日常の中で、いかに余裕なく過ごしていることか。そのことに気付けただけでも、儲け物。たまには歩くのも良いものです。

写真は、夕暮れの町並み。帰り道。この空がまたいいんだ。

仕込み

健太郎客演のシャフトさんの公演が、今週末に迫って参りました。

健太郎にプレッシャーをかけがてら(笑)、仕込みのお手伝いに行ってきたところです。

出来たら、ホムカミ全員で訪れたかったのですが(って言ってもたった3人ですが)、原がどうも風邪をひいたらしく(時期もんだよね)、不参加でした。

あまりお役にたてないどころか、ご飯までご馳走になり(あつかましいあたし)、バイトのため、帰路につきました。

ああ。
もっと優秀な奴になりたい。

と、羨望しつつ、健太郎、頑張れ!

うっかり

夜中、更新した、哲の公演の感想ブログを間違えて、哲本人にも送ってしまいました。慌てて中止したんだけど、無駄だったか。

感想ありがとうってメールくれたけど、きっと哲はびっくりしたでしょう。哲に直接送ったメールにしては、文体おかしいもんね。しかも真夜中。

ほんとすいません。

久々うっかりミスでした。
『HAPPY FLIGHT』を観ました。

『HAPPY FLIGHT』
監督/脚本:矢口史靖
出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、笹野高史、田山涼成、菅原大吉、竹中直人、木野花、ベンガル、小日向文世、柄本明、岸部一徳etc

たくさんのトラブルを、たくさんの人が協力して乗り越え、飛び立つ飛行機。飛行機に関わるハラハラ系コメディ。

観ると、なんだか、飛行機が飛んでいる事が、奇跡みたいに思えます。まぁ、トラブル続出は映画だからなんだろうけど、よく、全面協力したなぁ、ANA。でも、なんだか親しみがわきつつ、尊敬しちゃう感じ。監督の飛行機に携わる人々への愛情の賜物かしら。

飛行機だから当たり前なんだけど、英語が多くて、もうちょい説明があったら、もっと楽しめたかも。ただ、田辺さんや綾瀬さんのコメディっぷりは安定感抜群。寺島さんもかなりのはまり役で、岸部さんも相変わらずのいい味、もともと田畑さんが好きなので、あたし的にはかなり豪華。

思ったよりハラハラ系だったため、コメディ要素が少なく感じたのが、ちょっと残念。コメディ好きとして観に行ったからだけどさ。人の命がかかってるだけに、やっぱ基本的にコメディには向かないのかな。笑ってる場合か?みたいな…。って、あたしが考えすぎか。

aji

旗揚げで一緒にやった岡田哲昇が、久方ぶりの芝居をやるとのことで、新宿に行ってきました。

aji公演『うん、大丈夫、元気』

ギャラリースペースで行われる公演は何度か行っていますが(がざびぃもそのうちに入るのか?)、今回は縦長に舞台をとっていて、少し観づらい部分も…(近いからね)。照明効果で少し酔いそうでした。

ストーリーは、旧知の女の子四人が、それぞれに悩みを抱えながら、それぞれの関係に支えられて、前を向いて生きていくというもの。

いろいろ考えさせられました。

しかし、どうも私は周りに女友達が少ないせいか(せめて少ないって言わせてもらおう)、少しついていけないノリでした。ラストも、伝えたい事はものすごい分かるのですが、もう少しあっさりな方が好きです。

哲はラストシーンに登場して、ある意味テーマを語る大事な役でした。出会った頃、十代だった哲も、大人っぽくというか、男臭くなったなぁ、なんて、親戚のおばちゃんみたいな事を思いました。

帰り道、たまたま花園神社で二の酉をやっていたので、出ていた出店でご飯を食べました(一杯やりました的な…。私は飲まなかったけどね)。

それで、ついでに神社に詣で(今更初詣)、原くんにおごってもらったおみくじは小吉でした(原は大吉…)。
ANNA坊でご一緒した嶋木美羽さんが出演するとのコトで、グーフィー&メリーゴーランド公演『CASTGADOR estacion 6』を観に、目白まで行ってきました。

内容は、あるマジック公演集団で人が死んで、その謎を解くというミステリー的な感じ。
といっても、ミステリーとしては、犯人が意外なわけじゃないし、それを主軸としているというよりは、色んな人間関係があって、で、笑いあり、シリアスあり、その上、お客さんを舞台にあげてのマジックショーがあったり、盛りだくさんのエンターテイメントでした。

場面転換が早くて、見せたいものもかなり好みだったので、楽しく観れたのですが、芝居中、稽古不足か?と感じる場面があって、ちょっと残念。マジックに関しても、もう少し手際が良ければ(いや、ための間かな?)、言うことなしだったのですが…。でも、役者さんがマジックするって、スゲー事だよ。あたしはとてもとても出来ない。尊敬します。

美羽は相変わらずの安定感で、あたしは幸せでした。また、一緒にやらせてもらいたいなぁ。

頑張って台本書いて、いつか口説きに行こうっと。

ひよわ

風邪をひいたのか?と思ったのが火曜日。例の風邪の花(熱の花?ヘルペス?皆さんなんて呼んでます?)が咲き始めました。

ちょっと熱があったり、疲れたりすると、鼻か口元にでます。結構、頻発します。何度か芝居の本番日に出て、その都度悲しい思いをしてきました。

痛かったり、気になったり、ぐちゅぐちゅになって化粧がしにくかったり、赤鼻のトナカイとか言われたりしまして、これが悲しい。ほっとけば何時の間にやら治るんだけど、早く治って欲しいわけです。

これが火曜日にはじまり、今日は下唇に咲き誇り、私はまた悲しい。

あげくバイトから帰り、一時間くらい寝たら、やっぱり微熱が出ました。

ま、こんくらいの熱は慣れっこさ。気にするものか。って強がっても、やっぱなんだか切ない。

ちきしょう。負けるもんか。

なんせ、ヘルペスって最近まで処方箋の薬しかなくって、で最近、市販薬が出たんだけど、おや?出始めたか?って思った瞬間に塗らないといけなくて、発症しはじめるとあまり効かない(ような気がする)。発症したあと、素早く沈める薬が欲しいのですよ、あたしは。

ただ今日、耳寄りな情報をバイト先で入手。

ヘルペスにはハチミツがいいんだって!なんでもビタミンなんとかとなんとかがとても良いらしい(うろ覚え過ぎだろ、あたし。苦手なのだが…)。それか馬油。寝る前に塗るといいらしい(起きてると舐めちゃう可能性があがるから)。後ねぇ、チョコラBB?

って、ハチミツしか我が家にはないので、ハチミツを塗ってみることにしよう。

ってか、ゆっくり睡眠も大事よね。もいちど寝よう。おやすみなさい。

後回し

やんなきゃなぁ…と思っていることを、全て後回しにして(切羽つまらなきゃやらないのは、いつもの悪いくせ)、近頃、はまりにはまっているのが、矢沢あいさんの漫画。

前にも触れたとは思いますが、小さい頃は少年漫画、長じてからは別マ別フレだったので、リボン系漫画家さんはあまり知らない私。

ただ、あんまりアニメを観る習慣はないんだけど、まだ学生だった時分に、なぜかはまって、(確か)日曜(苦手な)早起きして、観ていたのが、『ご近所物語』。

実は当時、山口ツトム役を演られていた山口勝平さんの声が、超好みで、それ故だったのかも…しれないし、そうじゃないかもしれない。

そういや、中学の初めだかにやっていた『らんま1/2』も(再放送だったかもしれないが)良く観ていた。小学生の頃(だったと思う)、映画館でみた『魔女の宅急便』もトンボが好きで…。やっぱり私はあの声に弱いのかもしれない(当時、声優さんの名前なんて見なかったもんね)。

閑話休題。

で、矢沢あいさん。

実は、アニメの記憶ってすぐ朧気になったんだけど、10年くらい前かな。満喫で読んだ時、いつか買うぞ、『ご近所』と思っていた。でも、先に買ったのは『天ない』だった(なんでだったけ?)。で、去年だか『下弦の月』を買った。数ヶ月前に、突如、前から欲しかった『NANA』を買った。おまけページを読んだら欲しくなったから、『パラキス』を買った。そうしたら、やっぱり欲しくなったから『ご近所』を買った(パラキスはご近所の続編だもんね)。ってきっかけになったご近所が一番おせーし。

ま、いいんだけど。ってか知らない人にはわからん話で、申し訳ない。

ただ、私はすごく好きで…。読んでると、矢沢あいさんはエンターテイナーなんだなって思います。作品の雰囲気はそれぞれ異なっていて、でも、矢沢節っていうか独特のもんが入ってて、凄いなって。

そして、矢沢作品は誰に感情移入するかで気持ちが変わるから切ない。読む時期によって前は分からなかったキャラの気持ちがちょっと分かったりする。やっぱさぁ、この世の中、知り合っちゃえばそこまで悪い人なんていないわけで、悪いこと(ま、その定義も曖昧だが)する人にも背景に色んなワケがあったりするわけで、だから人生って切ないし、で、あたしはあたしの人生しか送れないから、人生って面白いじゃない?そーゆー感じの切なさや面白さを感じたい時、読みたいなって思う。

そしてすっかりはまっております。今はもう『NANA』の続きが気になってしまい、雑誌まで購読するまでに(本来なら一気に読みたいからコミックス派なのに)。11月号から今回も買っちゃった。だって20巻のラスト、気になるじゃん(分かる人だけ分かってくれ)。

そんなワケで、再読しまくったあげく、携帯まで、『NANA』着せ替えですとも。バイト先のお姉様に少し呆れられましたとも。

って、久々のブログ長っ!興味ない人ごめんなさい。最後まで付き合ってくれた、いや、付き合えたあなた!今度、語らいましょう。

ブログ

先日、とある芸能人さんのブログをみていて、思い立ったので、ブログにカテゴリーを追加しました。過去ブログも振り分けてみました。区別が難しいのもあったけど、ま、いいか。

時間がそれなりにかかったのだけれど、携帯からではあまり意味無かった。ま、いいか。

ご機嫌うわん

20081106170311
なんだかご機嫌なうわんです。しっぽをパタパタしてます。寝ながらパタパタ。かわいい…

冷え込んで

すっかり肌寒く…。

夜中、バイトから帰る時、風は秋を通り越して、冬です。

星がキレイになってきました。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。