プロフィール

うわんとぎずも

Author:うわんとぎずも
高橋さやかと飼い猫(うわん、ぎずも)の徒然猫日記


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もじもじ

20080229124037
少し間が空いちゃいましたが、動物病院にやってきました。念願の「もじもじ」くんを激写。シャッターチャンス!って思うと、そっぽむかれてしまい、あの…もじもじさん、あんまり写真好きじゃないですか?なんとか撮れましたが、顔が見えない…。
ところで、もじもじくんともしもしくんは、似ています。なんの血縁関係ないらしいのですが、最初は見分けがつきませんでした(私が間抜けだったのか…?)。今は触るとすぐ分かります。見ただけだと…。
ちなみにぎずもは少しずつ回復しています。
スポンサーサイト
そして今日はぎずもについて。私が小岩に住んでいた時、バイト先の友人と駅近くのゲームセンターの前を通った時に子猫に出会いました。すっごく懐っこくて、友人が手を差し出しても逃げる素振りも見せず、近寄って来ました。友人が抱くと、風邪をひいているらしく、出ない声で鳴く様子が愛らしく、私はその子猫を抱いて家まで帰ったのです。それが幼き頃のぎずもでした。(その日、うわんはパニック。)
翌日、病院に連れていこうと外に出ると、ぎずもは私の腕から降りて、私の後をトテトテ歩いて付いてきました。逃げないんだ?付いてくるんだ?臆病なうわんとは対照的だねぇ、と私は感心しきり。幸い風邪は大した事無く。夜、眠っていると、出ない声で泣きながら、人の顔の近くまで来て、くしゃみするぎずも。わざと?(しかもそれを何度も繰り返す。)
風邪はすぐに良くなり、ぎずもは家の子になりました。いまだ、懐っこくて、わざとらしくて、甘えん坊なぎずもは、何度も、結石を繰り返し、膀胱炎やら尿毒症を乗り越え、現在にいたります。ただ今、多少の膀胱の炎症と、ひどい包皮の腫れと戦っております。カラーやらカテーテルやらで、見てるこっちが辛くなるけど、原因も分からなくて、先の見えない戦いだけど、なんとか回復に向かうといいなあ、と切に願う私なのです。

整骨院

そして、撮影の帰り、2ヶ月以上ぶりに、整骨院に行ってきました。ぎっくり腰をやってから、なるべく通っていたのに、ちょっとご無沙汰しちゃいました。そしたら、腕に神経痛の危険があるらしい。鎖骨の下の筋肉が凝って神経を刺激しているらしい。今のうちに頻繁に処置しておくべきらしい(全部受け売り)。ちょっとほっときすぎたかな?明日も行かなければ…。

撮影

チラシ用の撮影行ってきました。屋外で。冬服ではなかったため、寒くて寒くて…。しかも強風。時間が経つにつれ、デジカメの三脚を倒さんばかりの風、風、風。デジカメの操作をしていた健太郎(機械系はいつでも健太郎に一任なホムカミ)は、風を読む少年になっていました(少年って歳ではないのだが、何故か佇まいが少年に見える健太郎)。なんか、屋外で撮ろうとすると、いつも風には泣かされます。「トランス」の屋上しかり、「いつかすべての人たちへ」の新宿しかり。役者なんかやってる奴には風当たりは強いもんよ、なんて言いながら、寒さをこらえ頑張りました。役を意識してじゃれる健太郎と原。まだ台本を読んでないためどうしたらいいかいまいちわかってない二宮(ごめんね)。相変わらずカメラの前では固まる宗。写真が大の苦手な私。さてさて出来上がりはどんな感じでしょうか?乞う、ご期待?

更新

ちょっと間が空いちゃいましたが、私は元気です。うわんとぎずもがコラボでなかなか寝かせてくれないので、少々寝不足気味な日もありますが…。明日(もう今日か…)はチラシの撮影なので、もう寝ます。今日も睡眠の邪魔が入りそうだけど…。最近ぎずもは、私を起こそうとして、顔を引っ掻くけど、今日は死守しなければ…。
ホムカミホームページの徒然日記を読んでいる方には重複する部分もありますが、今日はうわんについて。うわんは私が横須賀でバイト三昧の日々を送っていた頃、バイト中に駐車場の清掃をしているときに拾いました。風邪をひいて、眼がとびでちゃって、顔がぐしゃぐしゃに濡れてしまっているような状態で、国道に出ようとしていて、ほっとけなかった次第です。
捕まえて、とりあえずバイト先の休憩室へ。ミルクをあげてみたけど飲まないし、なんせ臆病で触らせないしで、心配しましたが、その日の内に、動物病院へ。ウィルスでやられてしまった眼の視力が戻るかが、一番のネックでした。
その頃我が家には五匹の猫と数匹の犬がいたはずです(犬は元々六匹いましたが、当時は減っていたと思う)。ので、新しい子猫は一緒には厳しいのでは…ということになりました(どんな病気を持っているかわからない事と、臆病なうわんが馴れるかどうか…)。私は、実家を出て、実家が経営する工場の離れへ慌てて引っ越しました(と言っても実家から徒歩1分)。もうすでに、家族と生活時間帯がかけ離れていたため、迷わず決心したように記憶しています。
それからは少し大変でした。朝、昼のバイト前に餌と目薬、昼のバイトの休憩中戻って目薬、昼のバイトから帰って餌と目薬、夜のバイトに行って夜中帰って目薬、寝ようとすると手足でじゃれるうわん。頼む、寝かせてくれ。明日もバイトなんだ。なんて言ったって、聞いてくれません。ほんと、当時のうわんは臆病なくせに、凶暴でした。いまだ、私の手には当時の傷が残っています(きっともう消えない)。それでも、真っ白でちっさいうわんが、布団に入ってくるのは可愛かったです。ちなみに最初の名前は「ぞう」ちゃんでした。私の母が命名しました。うちの母のセンスは私には分かりません。
それから数年。甲斐あって眼はだいぶ見えるようになりました(元にはもどらなかったけど)。いまだ残る瞳の交ざり具合もチャームポイントだと思っています。臆病は相変わらずですが、凶暴ではなくなりました。最近良く自分のしっぽがお気に召さない様子で、よくかみついてはぐるぐる回っています(なんかのストレスか?)。
実は、うわんを拾った数日後、昼のバイト先の駐車場で、真っ白なうわんにそっくりな猫を見かけました。うわんのお母さんじゃないかと思いました。私のした事を少し後悔しました。幾ら命の危険があったとしても、自己満足な偽善で、うわんを家族から引き離しただけでは?今もそう思う時があります。でも、もしそうだったら、私に出来る事はただひとつ。精一杯想像して、うわんが幸せになれるようにすること。だって、時は戻せないのだから。と、なんだか言い訳じみた事を決意に変えて、私の枕で眠るうわんを撫でるのです。

真夜中の街を自転車で走っています。静かでなんだか気持ちいいです。あ、もしかしてもう早朝というべきなのかしら?

私①

私は小さい頃、テレビをあまり見ない子で、そういう話題についていけない子でした。あんまり覚えてないけど、母のしつけがそうだったと記憶しています。曖昧な記憶ですが、テレビを自分の意志で見れるようになったのは、中学生になった頃でした(多分)。テレビを見れないことは、クラスの会話についていけない事で、それが辛いと訴えた結果でした。それまでは多分話の流れから、会話を推測していたように思います(わかんないことはきっとテレビだな…って)。翌日、母が自分もそうだったといい、その日から自由に見れるようになりました(はずです)。
その前後、再放送で、「オヨビでない奴!」というドラマで高橋良明さん(当時は名前さえ知らなかった)を見て、すごい好きだなと思いました。単純に好みだったんでしょうね。でも、その後、テレビで見かけなかったので、不思議に思ったものでした。亡くなっていたと知ったのは、その更に後だったと思いますが、すっごい虚無感に襲われた気がします。まあ、だからなんだと言えばそうなんですが、この話はあまり友人にもしたことがないので、ふと思ったので書いてみました。ああいう二枚目半っていうか、元気な人は好きです。いかにもクラスの人気者。顔も好み。小中学生の頃、好きになる人もそういう人でした。でもそういう人と付き合ったことは多分一度もありません(今まで付き合った人、なんとなくごめんなさい)。なんかきっと構えてしまうからなんだろうと、最近思う次第です(良く見せようと失敗。そしてひねくれていく私)。今はやっとあんまり良く見せよう的な考えはなくなったので(けっこうかかった)、そういう意味では少し楽です。それでも自己嫌悪の毎日であることに、変わりはありませんが…。

呑気な

20080220151513
人の気も知らず、呑気なうわん。気持ち良さそうだ。なんか悔しい…。

いい天気

20080220132554
今日は、いい天気です!ホムカミメンバーは、チラシの撮影のロケハンの為、外回り中。…私以外は。
私はお家で黙々と台本改訂。画像は部屋から見える外の風景。いよいよ、切羽詰まってきましたとも。…と皆様の不安を煽りつつ、さて、コーヒーでもいれようかな。

原くん

20080219162859
今日は我が家でミーティングでした。帰り支度をする原くんを激写。…ちょい逆光。

昨日、

ぎずものカテーテルが抜けてしまっていたので、また動物病院に行きました。会計時、受付で「もしもし」君を撫でていたら、「もじもじ」君が起きて来てくれたんだけど、他にも患者(畜)さんがいたので、写真は遠慮しました。次こそ、「もじもじ」君の写真をゲットだぜ。
ちなみにぎずもはまたカテーテル。抜けないように糸であそこに縫われちゃって、ちょっとご機嫌ナナメ。そりゃ嫌だよなぁ…。がんばれ、ぎずも!

ちなみに

昼夜逆転生活は、日曜日あんだけ寝たのに、夜も眠れたので、普通に直りました。冬はいくらでも眠れちゃうものだなぁ…。

今日も

20080219095253
机に向かって、台本改訂中。今日はなんと緑茶なのだ。久しぶりに飲むと美味しいです。喉が痛いので、タバコが不味い。唾も飲み込めないぞ。原因不明…。

結局

朝9時過ぎに眠ってしまいました。14時に起きました。徹夜して昼夜逆転生活を直そう計画……失敗。

睡眠

今日はひたすら寝ていました。すっごく寝ました。夕方、頭痛がひどかったので、横になっていたら、バイトギリギリまで寝てしまいました。よくそんなにってぐらい寝ました。びっくりでした。おかげで今は深夜2時を30分も回ろうかというのに、欠片も眠くありません。元々夜型人間なのに、また昼夜逆転生活になってしまいそう。一度徹夜しないと戻らないので、最近は昼型を守ってきたのに…。明日はバイトもお休みだから、徹夜は今日します。明日の夜まで寝ないぞ!多分…。というわけで、これから部屋の掃除をしようと思います。近所迷惑にならないように気をつけながら。

もしもし

20080215125110
ぎずもの通う動物病院の「もしもし」君です。柔らかくて懐っこくて超キュート!ここにはもう一人(匹)「もじもじ」君がいるのですが、今日は逢えませんでした。お昼寝中だったかな?

さて

20080215123804
行ってきました、ぎずもの病院。またカテーテルを入れられて、少し可哀想ですが…。画像は持ち歩き用のケージで、外の世界で怯えるぎずも。

ぎずもは

20080215023648
今、尿道系疾患により、エリザベスカラーをしています。なかなか治らず、もう半年くらいしています。本人(猫)には多分けっこうなストレスだと思われます。毛繕いもできないものね。そして、先週から尿道にカテーテルを入れっぱなしにする処置をしていました。昨日、私がバイトから戻ったら、縫い付けてあったはずのカテーテルが抜けていました。カラーも取れそうな勢いでした。暴れすぎだよ、ぎずも。というわけで明日は朝イチで、ぎずもの病院です(予定)。あぁ、保険のきかない病院はドキドキするなぁ(^o^;

つまり愚痴。

多分これは「ものもらい」ってやつです。最初は右目でした。治りきらないうちに左目もきました。つまり現在両目が駄目。見た目はさほどひどくないですが、っていうか、誰も気付かないとは思うのですが、私が不快。痛痒い。見にくい…。私は元々弱視です。でも眼鏡を持っていません。「ものもらい」の効果によって、コンタクトレンズが曇って…。より見にくい。悲しい。そんな中、机に向かったのに、台本の進行状況も思わしくなく…。今日はさんざんだ…゜。(p>∧<q)。゜゜

台本執筆中。

20080213101847
今日は、昨日、宗ちゃんが持って来てくれた、アイスコーヒーと…。
誰か私に文才をください。

自転車と私

ホムカミメンバーの交通手段は基本的に自転車です。私も例外ではありません。よく、「さやかって自転車乗れたんだぁ」なんて、失礼な感心をされたりしますが、確かに私は運動オンチですが、私にとって自転車は生活必需品です。
ところが昨日、バイトに行こうとしたら、アパートのいつもの場所に自転車がありません。何度確かめてもありません。おかしい。なぜだ!?どうしよう。バイトに行かなきゃ…ギリギリなのに…。違う場所も探したけどない。もしや盗まれた?誰か間違えた?鍵はかかってた。間違いない。撤去はありえない。色んな可能性が頭をよぎり、ふと思った。最後に乗ったのはいつだ?記憶をたどり愕然。
日曜日、スーパーに行った時だ。買い物に。そして…。
そうです。私は日曜日スーパーに自転車で行き、歩いて帰ってきたのでした。どんだけ?
あわててスーパーに行くと、駐輪所のすみっこに寄せられていた我が自転車を発見、無事保護し急いでバイトに向かったのでした。
ああ、自分が嫌い…。

そして宗が

20080212142650
陣中見舞いに宗が来てくれました。差し入れ付き。

再び

20080212142640
台本執筆中。またしても黄金コンビ。
20080211004628
高橋ぎずも、♂、約6歳、夏の終わり頃生まれ。江戸川区出身。
20080211004622
高橋うわん、♀、約7歳、真夏生まれ。横須賀市出身。

20080210011455
雪降りましたね。水っぽい雪でした。結構積もっていたので、思わず、アパートの階段の踊り場に足跡をつけてみました。意味なくって楽しい~!バイト帰りだったので、ヒールのブーツです。歩き方に癖があって、右足の重心が変です。ふふっ…。楽しい…。

今日から

20080209074453
ブログを始めます。ドキドキします。どうしたらいいのかさっぱりです。でも今までの日記のように、徒然なるままに書きます。お付き合い頂けたら幸せです。今、私、高橋さやかは、台本を執筆中。画像はその心の支えです。コーヒーとタバコの黄金コンビ。不健康な黄金コンビ。そして、その傍らにはぎずも。こっちも只今不健康まっしぐら。でも、まあその話はまた今度…。

おためし

20080207161340
実験ぎずも

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。